子供がお手伝いしたがる秘訣

こんばんは。
つぶつぶ雑穀ベジマッチョの池田です。


つぶつぶ雑穀ベジマッチョとは


冬のいのちのアトリエ(山形県小国町飯豊連峰麓)の様子
いのちのアトリエFBページは>>>こちら



video


キッズ達の掃除





今日はなぜ、そら(5歳次女)、
つぶき(7歳長女)が料理をしたがるのか?



そして、飽きずに毎日お手伝いを

したがるかについてお話します。


僕は、つぶつぶ料理
に出会って、料理することの喜び、
楽しさを教わりました。



*つぶつぶ料理とは


毎回の食事が楽しくて仕方がなくなりました。

食事の時間が近づくと、笑顔が溢れます。

料理をすることの楽しさを知りました。


美味しいものを作ることに
本気になれるようになりました。


笑顔が溢れる食卓を想像して、
喜びが溢れだします。


こんな気持ちが毎日自然と
沸き起こるようになりました。


気持ちは萎えることなく、
そんな心持ちで何年もキッチンで
料理をしています。


 は思います。

そんな日々のワクワク感が娘の小さくて、
キュートな瞳に写り、楽しさが伝染して、
料理をすることに興味が湧いてくるのだと。


そして、ある日


2人の娘は言いました。


『野菜を切りたい!』


『コロッケ揚げたい!』


『炒めものをしたい』




大谷ゆみこ(つぶつぶの創始者)から


『子供は34歳になると料理を
 
 やり始める。』


と初めて聞いた時は正直、半信半疑でした。


それが実現するのは、彼女の伝え方、
指導力のたわものだと思っていたからです。


『僕には、そんな力はないから、
 できないかもしれない』


そんな風に思ってました。



でも、毎日の料理の支度が楽しくなり、
ワクワクした心持ちでキッチンに
いるだけで子供達は手伝うものなんだと知りました。


なんだ!簡単じゃん!


まさに、親のキラキラした雰囲気でいることこそ、
子供達が料理に興味を持つ


『最大のポイント!』

なんだと思います。


もし、あなたも子供達と一緒に楽しく、
料理をしたいと思うのであれば、
つぶつぶ料理を食卓に取り入れることを
お勧めします。

最後まで読んでくれてありがとうございます。


池田義彦


PS

つぶつぶ料理を一気に身につけたい!
つぶつぶの心と技を習得したい!
そんなあなたにオススメ!
      ↓












*11月23日は東京で僕が講師です。

\男性講師/
つぶつぶ池田義彦の
未来食セミナーScene1@早稲田
日時:1123()10:00-19:30



PPS



つぶつぶ池田の「つぶとBoku(メルマガ)では

・楽チン子育ての秘密
・つぶつぶ料理術
・スリムで快適ボディーの秘訣
・耕す暮らし大公開
・夫婦関係について
などをテーマにお届けしています。

特典
・未来食カフェレストラン TUBU TUBU(東京都早稲田)で使える
 クーポンを定期配布
・初回登録時に
夫と子供たちが喜んで食べるベジタリアン料理の秘訣】
をプレゼント(全8回・メールで配信・レシピ付き)

メルマガ登録は

コメント