雨にも負けず 天然酵母パンを求める


 昨日美保(妻)はつぶき(長女2才10ヶ月)とそら(10ヶ月)を連れて、三ノ輪の
天然酵母パン屋さんへ行った。雨が降っていたけれども、わくわくしながら、二人
の子を抱えて、たくましく出かけて行った。きっと片道1時間くらいかかっただろう。
バスに乗ったり、地下鉄に乗ったり、歩いたりそれ相応の運動量である。
 
 でも美保は楽しそうだった。なぜなら、週末に開催する料理教室で出す高キビハ
ンバーグを挟むのに適したふわふわのパンを見つけたい!という目的があるからだ。
こんな食感で、こんな味わいのパンがあったら高キビハンバーガーのクオリティーは
上がるだろうというイメージがあった。もしかしたら想像以上のパンに出会えるかもし
れないという期待もあるのかもしれない。教室の生徒が喜んでくれている顔を思い描
いてもいるのだろう。とにかく楽しそうなのだ。そんな姿は美しいと素直に思った。

 わくわく感あふれる美保を見ていて私も影響を受けた。心躍る目標を持つ事の大切
さ、座ってられないくらい夢中に活動してしまうもの。それを持ち続けることで毎日
は変わっていくのだと。密度濃く生きたい!だからどんどん夢を抱こう!そんな気持
にさせられた。

 美保がこんなにも私に気づきをくれたのは、きっと3日前に天女スクールに行って
来たからだろう。かなりの影響を受けていたし、未来に対してのイメージが膨らんで
楽しそうだった。今年1年間は天女スクールに通うのだと言っている。どんな変化が
あり、彼女のわくわく感から私は今後どのような影響を受けるのかが楽しみだ。



 

 

コメント

人気の投稿